英語塾・英会話教室を探すなら「EnglishSearch」ロゴ

英語試験のGTECとは?概要や難易度・おすすめの対策方法を徹底解説| EnglishSearch

ホーム >> EnglishSearchコラム >> 資格・試験対策  >> 英語試験のGTECとは?概要や難易度・おすすめの対策方法を徹底解説
更新日 2023.9.13

英語試験のGTECとは?概要や難易度・おすすめの対策方法を徹底解説

GTECは英語力を測る試験ですがTOEICや英検と比べて知名度が低く、どのような試験であるか気になるものです。

この記事ではGTECの概要や難易度、勉強の方法を解説し、試験対策に役立つ情報を紹介していきます。

GTECで高得点を取るためには試験対策が必要ですが、参考書やアプリを使えばスキマ時間に対策できて便利です。

このため、GTECで試されるコンテンツや活用方法を知りたい場合はこの記事を参考に、今後の人生に役立てるようにすると良いと思います。

この記事のポイント
  • 「GTEC」は英語4技能のレベルを測る試験
  • 「Core」「Basic」「Advanced」「CBT」の4つのレベルがある
  • 「GTEC公式ガイドブック」を使った対策がおすすめ

画像

トライ式英会話

資料請求した人全員にトライ式英会話虎の巻プレゼント
【トライ式英会話 虎の巻とは?】
これからの時代に求められる英語力がわかる
英語4技能の勉強方法が分かる
今後の入試傾向がわかる

_

GTECとは?

_画像

GTECは基本的に以下の4つのコンテンツで英語力を測り、「読む」「聞く」「話す」「書く」です。

ラインナップは小学生から社会人に合わせて3つの種類があり、「GTEC Junior」「GTEC」「大学生・社会人向けGTEC」があります。

GTECは種類によって難易度や出題内容や形式が変わり、スコアによって英語力が評価されます

英語力は大学進学や海外で就職するために求められ、GTECを受けてスコアによって進路を決める重要な試験です。

GTECの問題は使える英語が身につくよう設計され、スコアによって英語力を把握できます。

英語試験といえばTOEICや英検のイメージがありますが、GTECは4技能のスキルを診断できることが特徴です。

このため、今後の国際化社会においては重要になり、GTECのスコアで英語力をアピールできます。

また、様々な教育機関や企業団体で導入されているため、英語力が求められる仕事をするためにはGTECである程度のスコアを取ることが必須です。

POINT

GTECは4つのコンテンツで英語力を測る試験

GTECのスコアで英語力を評価され高いと就職や進学に有利

GTECは小学生から社会人まで3つの種類がある

GTECの難易度

_画像

GTECはベネッセが行う英語力を測る試験ですが、問題タイプは以下の4つがありそれぞれのレベルを確かめて選ぶ必要があります。

問題タイプは「Core」、「Basic」、「Advanced」、「CBT」があり、受験目安を確かめて決めることが大事です。

また、「CBT」以外は検定版とアセスメント版がありますが、オフィシャルスコア証明書は前者のみになります。

申し込み方法は「CBT」は個人になりますが、ほかのタイプは団体になり学校で受けることが特徴です。

基本的にGTECは中高生向けの試験になり、学年に応じて以下のようなレベルがあります。

GTECはそれぞれのタイプによって試験内容や時間、受験目安が異なり、ステップアップすると英語力を証明できます

また、最近では大学に進学するためスコアの提示が求められ、高い得点を取れば有利になるなどメリットがあります。

中2〜中3レベル

最初に、中2〜中3レベルの場合は「Core」になり、英検でいえば準2級に相当するレベルです。

上限スコアは840点になり、海外での語学研修にある程度のスコアが求められ、中学生の間から英語力を付けたい場合に向いています

試験内容はリスニング、スピーキング、リーディング、ライティングがあり、合計で100分間です。

中3〜高2レベル

次に、中3〜高2レベルは「Basic」になり、「Core」と比べると上限スコアが上がり難易度も高くなります。

「Basic」は英検でいえば2級レベルになり、高得点を取れば海外の高校留学ができるレベルです。

試験内容は「Core」と同じく4つのコンテンツで構成されていますが、出題数や時間が長くなります。

このため、海外の高校に語学留学を考えているときは必須になり、高得点を取れるように試験対策することが大事です。

高1〜高3レベル

次に、高1〜高3レベルは「Advanced」になり、「Basic」と出題形式や時間は共通していますが上限スコアは1280点になります。

難易度は英検でいえば準1級に相当し、海外の大学に留学するためには高得点を取ることが必要です。

高2後半〜高3レベル

最後に、「CBT」は英検でいえば1級に相当し、高い得点を取れば詳しくない分野の話にも対応できます。

上限スコアは1400点になり、試験内容もレベルが上がり時間も長くなり場面設定が大学で行うような内容に変わります。

また、高2後半から高3レベルになり、学校ではなく個人で申し込むことが必要です。

POINT

GTECは学年や目標に合わせて最適な種類を選ぶことが大事

GTECと英検のレベルの対比を確かめると選びやすい

GTECは海外に留学や就職をするために高い得点を取ることが必要

GTEC対策におすすめの参考書はある?

_画像

GTEC対策は参考書を使えばスキマ時間にマイペースで学習できますが、出題形式を確かめて高得点を取れるように選ぶことが大事です。

おすすめの参考書は「GTEC公式ガイドブック」があり、「Basic」または「Advanced」のレベルに合わせて選べます。

同じ形式の問題や受験した先輩からの学習アドバイスが掲載され、本番に向けてイメージをしながら学べて効果的です。

試験は自分で採点すると本番に向けて目標を設定でき、独学で学ぶために使えます。

また、GTECの中でも高難易度の「CBT」向けの参考書は「GTEC CBT公式問題集 第2版」になり、ほかのタイプとはコンテンツや内容が大きく異なります。

この参考書は分かりやすい丁寧な解説や解答がつき、スピーキングやライティングは採点ポイントが掲載されています。

このため、受けるGTECのタイプに合わせたおすすめの参考書もあり、スキマ時間で試験の対策に使うと便利です。

POINT

GTECの対策におすすめの参考書はレベルに合わせて選ぶことが大事

参考書はスキマ時間で勉強するために使うと便利

参考書は出題形式以外にも先輩のアドバイスがあり参考になる

GTEC対策におすすめのアプリ2選

_画像

GTEC対策はスマホを持っていればアプリを使えばスキマ時間で学べ、基本的に無料になります。

ただし、専門的な内容は課金する必要がありますが、復習するために使うと頭の整理をしやすくて効果的です。

アプリは目的に合わせて選べ、今回はスピーキング対策としてスピーキング練習と発音矯正のものを紹介します。

スピーキング練習

スピーキング練習は【Speak buddy】があり、AIを活用したアプリでAIロボットと英会話のレッスンができます。

このため、リアルな英会話に近い感覚で学習でき、お手本の音声と自分の声を比べて発音矯正をすれば効果的です。

利用料金は最初の1ヶ月間は無料になり、有料になってもコンテンツが変わらないため気軽に使えます。

また、このアプリはGTECで求められるタイプの音が分かり、最初はできなくても近づけるように努力すると上達できます

発音矯正

次に発音矯正ですが、【Look Up】と【発音博士】の2つがあります。

【Look Up】は無料でネイティブの発音をチェックでき、単語だけでなく文章にも対応していることが特徴です。

また、アメリカ以外の国の英語の発音は変わってきますが、それらにも対応するため幅広く対策できます。

無料でできる範囲は読み上げと一部の辞書になりますが、辞書を無制限で使うなら有料です。

【発音博士】は最初に指定した単語の音声が読み上げられ、その後に自分が続けて読むことで比較できます。

また、そのときに評価されて改善点があれば指摘してもらえ、その部分を治すことで完ぺきにできるようにすると効果的です。

発音は自分で正しく話しているつもりでも実際には間違っている場合もあり、アプリを使って反復練習すると誤解が解けます。

POINT

GTEC対策は目的に合わせてアプリを使うと便利

アプリはスキマ時間で反復練習できて便利

スピーキング練習はAIに聞いてもらうと改善点を指摘されて覚えやすい

その他GTECで対策するべきこと

_画像

GTEC対策はスピーキングであれば参考書やアプリを使うと便利ですが、それだけでは不十分なため覚えるべきことを確かめて学ぶ必要があります。

このため、最初に目的を決めて学び方を探し、正確に発音してなるべく減点されないようにすることが大事です。

GTECのスピーキングは問題の出題傾向を知らないと対策ができないため、レベルごとの特徴を確かめて慣れる必要があります。

スピーキングは限られた時間の中で伝える必要があり、的確に発音しないといけないため難易度が高めです。

基本的な単語と文法はマスターする

スピーキングの基本は単語と文法を理解し正確な情報を伝えるため、最初に覚える必要があります。

また、英語知識をインプットしないとスピーキングができないため、レベルに合わせて文法を理解することが大事です。

単語の使い方は相手に分かりやすく伝える必要があり、複数の表現がある場合には誤解されないようにしないといけません。

単語と文法は基本的な内容をマスターしないとスピーキングができないため、優先的に学ぶことが重要です。

レベル別の問題傾向を知る

次に、レベルごとの問題傾向を知る必要があり、的確に解答できるようにしないといけません。

GTECのスピーキングは基本的に4つのパートがあり、音読、質問を聞いて応答、ストーリーを英語で話し、自分の意見を述べることです。

また、出題傾向は「Core」、「Basic」、「Advanced」はスピーキングでは同じ構成になりますが、「CBT」だけ異なります。

「CBT」は3つのパートから構成され、会話応答問題、情報伝達や照会、意見展開です。

社会人や大学生向けのGTEC対策はレベルに合わせて勉強する必要があり、目的に合わせて選ぶことになります。

英語塾やオンライン英会話を活用する

短期間でスピーキング対策するためには独学では厳しいため、英語試験対策のプロに最適なやり方を聞く必要があります。

英語塾はプロにその場で教えてもらえ、スピーキングに必要な単語の使い方や文法を理解するために最適です。

オンライン英会話はスキマ時間で場所を選ばずに学べるため、時間に余裕がない場合に受けられます。

また、GTECなど英語試験対策もあり、スピーキングにも対応していますがレベルに合わせて選ぶことが大事です。

時間をかけずに効率的に学ぶためには課題や克服するために必要なことを理解し、最適な学習プランやカリキュラムを決めるようにしないといけません。

POINT

スピーキングは基本的な単語の使い方や文法を理解することが必要

GTEC対策はレベルごとの問題傾向を分析することが大事

短時間でのスピーキング対策は独学では厳しくプロに学ぶと効果的

中学生・高校生におすすめの英会話教室

最後に、中学生・高校生が英語4技能を伸ばすのに最適な英会話教室をご紹介します。

トライ式英会話

_画像

トライ式英会話
対象学年 子ども~大人
レッスン形態 マンツーマンレッスン
展開地域 全国各地(オンラインも対応)

トライ式英会話の特徴

生徒の学力や到達目標に応じたきめ細かい指導がトライ式英会話の特徴です。

同スクールでは、生徒一人ひとりにオーダーメイドの学習プランを作成し、マンツーマンでレッスンを行っています。

そのため、英語4技能それぞれのレベルに応じて、ピッタリのレッスンが受けられるでしょう。

また、マンツーマンレッスンなので、生徒の理解が不十分なところは分かるまで丁寧に、理解が早い分野はよりハイレベルな内容に、と生徒の理解度に合わせて柔軟に学習内容を変更できます。

さらに、教育経験豊富な教育プランナーが、学習プランの作成から日々の学習管理まで、あなたの英語学習をトータルサポートしてくれるので、快適な環境で学習に取り組めます。

お問い合わせした全員に「トライ式英会話虎の巻」プレゼント

_画像

トライ式英会話では、各種お問い合わせをした方全員に、「トライ式英会話虎の巻」を無料でプレゼントしています。

「トライ式英会話虎の巻」とは?
  • 今後必要になる英語力がわかる
  • 英語4技能の勉強方法がわかる
  • これからの入試問題傾向がわかる

このように、皆さんのテスト勉強や受験対策に必ず役立つ情報が満載ですので、気になる方はぜひ、以下よりお申し込みください。

↓↓今だけ全員に「トライ式英会話 虎の巻」をプレゼント中↓↓

まとめ

_画像

GTECはベネッセが英語力を測るために行われ、読む、聞く、話す、書くの4つのパートがあります。

問題タイプは4つあり、受験する時期や目的に合わせて決めることが大事です。

難易度は学年が上がれば高くなり、英検のレベルと対比すると必要な英語力をつけるために役立ちます。

GTEC対策は参考書を使うとスキマ時間に独学で学べますが、レベルに合わせて出題傾向を知り先輩からの学習アドバイスがあります。

アプリはスマホがあれば無料で使える範囲もあり、スキマ時間で学ぶために利用すると便利です。

しかし、本格的にGTEC対策するためには参考書やアプリでは不十分なため、レベルごとの問題傾向を確かめプロに学ぶ必要があります。

画像

トライ式英会話

資料請求した人全員にトライ式英会話虎の巻プレゼント
★生徒一人ひとりにオーダーメイドカリキュラムを作成
多彩な英会話講師ラインナップ
★教育プランナーが生徒の英語学習をトータルサポート

_

【初心者でもわかる】この記事のまとめ

「gtec 対策」に関してよくある質問を集めました。

GTECの難易度は?

GTECの難易度は4つの段階があり、「Core」「Basic」「Advanced」「CBT」になります。また、中高生向けの試験であり学年によってステップアップするため、難易度も上がっていく仕組みです。

GTECで対策するべきことは?

GTECで対策すべきことはレベルに合わせて参考書やアプリを使い、問題傾向を確かめて練習する必要があります。また、単語の使い方や文法を理解しないと誤った使い方をするため、きちんと覚えることが大事です。

この記事を企画・執筆した人
-EnglishSearch編集部-
この記事は、EnglishSearchを運営している株式会社デジタルトレンズのEnglishSearch編集部が企画・執筆した記事です。
EnglishSearchでは、英会話教室・オンライン英会話・英語塾探しをテーマにスクールの探し方や勉強方法について情報発信をしています。
EnglishSearch編集部が企画・執筆した他の記事はこちら→