英語塾・英会話教室を探すなら「EnglishSearch」ロゴ

小学生から英会話は効果アリ?おすすめのスクールを徹底解説!|EnglishSearch

ホーム >> EnglishSearchコラム >> スクール・教室  >> 小学生から英会話は効果アリ?おすすめのスクールを徹底解説!
更新日 2022.12.6

小学生から英会話は効果アリ?おすすめのスクールを徹底解説!

2020年4月から小学校でも英語教育がスタートし、子どもを持つ親の英語教育への関心も高まってきています。

今後ますますグローバル化が進んでいくことを見越して、学校以外でも習い事として子どもに「英会話」をさせたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし、ここで問題となるのが、「子どもが幼いうちから英会話を学んだ方がいいのか」「どのような英会話スクールを選ぶべきか」といったことが挙げられます。

本記事では、そのような疑問や不安を解消させるために、小学生が英語を習うメリットや英会話を学ぶ最適な頻度、英会話スクールを選ぶポイント、小学生におすすめの英会話スクールなどについて詳しく解説します。

小学生のお子様に英会話を習わせることを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

小学生から英会話は習うべき?

_画像

小学校でも英語の授業が始まり、子どもに小学生のうちから英会話を習わせた方が良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか。

主に下記の3つの理由から、小学生から英会話を習った方が良いと言えます。

まず、小学校の英語の授業だけでは英語に触れる時間が少ないです。

新学習指導要領の実施により、英会話の授業は小3・小4では年間35コマ(週1程度)、小5・小6では年間70コマ(週2程度)あります。

後述しますが、週に1回程度の授業時間だけでは、英語を身につけることが難しいです。

また、小学校の先生は英語以外の教科も教えなければならず、すべての先生が英語の授業準備に十分な時間を割くことは難しいです。

なかには、英語に苦手意識のある先生もいるでしょう。

また、英語を専門としない日本人の先生から学ぶ場合、英語の発音も習得しにくいというデメリットもあります。

さらに英会話スクールでは、長年の経験に基づくレッスン内容や教材が用意されているため、学校の教科書だけではカバーしきれない内容を学べるでしょう。

POINT

小学校の授業だけでは、英語に触れる時間が十分に確保できません

小学校には、英語が専門でない先生、苦手な先生もいます

英会話スクールは、経験による効果的なカリキュラムが組まれています

小学生が英会話を習うメリット

_画像

 

ここからは、小学生が英会話を習うメリットをご紹介します。

子どものうちに始めるからこその良い点や効果があるので、英会話を習うかどうかの判断にしてみてください。

英語脳を作ることができる

まずは、子どもが小学生のうちから英会話を習うことで、英語脳を作れます。

英語脳とは、英語を英語のまま理解できる脳のことです。

英語を見たり聞いたりしたときに、頭のなかでいちいち日本語に変換せずに理解するため、反応スピードが早くなります。

英語脳を作りやすいのは10歳前後までと言われているため、小学生のうちから英会話を習う大きなメリットと言えるでしょう。

特に日本語と英語の発音は大きく異なるため、大人になってから英語脳を獲得しようとすると、似ている発音の聞き分けが難しくなります。

さらに、幼いうちに英語脳を作っておくと、そのあと年齢を重ねてもより複雑な文章や発音を習得しやすくなることも期待できます。

将来の可能性が広がる

子どものころから英会話に触れていることで、子どもの将来の可能性が広がります

英会話スクールなどでネイティブの先生と触れ合うことで、それだけで日本とは異なる海外の文化理解を深められるでしょう。

子どもが英語や海外の文化に興味を持ち、さらに本格的に英語を学びたいと感じたら留学を検討するかもしれません。

また、今後ますますグローバル化が進むことが予想されるため、日本国内の企業でも英語ができる優秀な人材のニーズは高まっていくでしょう。

もちろん、将来の目標は子どもの意思が何よりも重要ですが、このように英語ができることで将来の選択肢が増えることは大きな魅力です。

苦手意識を持っていない

子どものうちは、歌やゲームなどを交えて楽しく遊びながら習うため、英語に対する苦手意識を持つ前に英会話を習得できます。

中学生や高校生は「テストや受験のために勉強しなければ……」と思ったり、大人は「文法を間違えたら恥ずかしい」と感じたりと、英語に苦手意識がつきやすいです。

このように、義務や恥ずかしさの少ない小学生のうちから英会話に触れることで、「英語は楽しいもの」という姿勢が身につきます。

そして、英会話を学ぶことが楽しくなると、さらにその後の習得もスムーズになるでしょう。

POINT

英語脳が発達し、英語を日本語に訳さずにそのまま理解できます

英語ができることで、留学や将来の仕事の選択肢が増えます

英語に苦手意識を持たず、楽しみながら英会話を習得できます

小学生が英会話を習う最適な回数

_画像

 

ここまで小学生が英会話を習う具体的なメリットをご紹介しましたが、実際にどのくらいの頻度で習えばいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。

ここからは、小学生が英会話を習う最適な回数をご紹介します。

子どもの習い事というと、一般的には「週に1回の頻度」をイメージするかもしれませんが、週に1回のレッスン「だけ」で英語がペラペラになるのは難しいです。

英会話を習得するためには、約3,000時間の勉強時間が必要とされています。

もちろん個人差や環境によって変わりますが、仮に週に1回(月に4回)、1レッスンを60分と仮定しても習得までに62. 5年かかります。

そのため、子どもに英会話を身につけてほしい場合は、週に2回以上レッスンを組むことを検討しましょう。

また、英会話レッスンだけではなく、それ以外の時間に絵本や動画などを使って家でも英語に触れる機会を作ったり、英会話スクールとは別にオンライン英会話を取り入れたりといった工夫をしてみましょう。

ただし、詰め込みすぎて子どもが英会話を習うことが嫌いになってしまっては元も子もないため、子どもの様子を見ながら考えてみてください。

POINT

週に1回の英会話レッスンだけで習得することは難しいです

週に2回以上のレッスン、もしくは英語に触れる別の機会を作りましょう

詰め込みすぎはNG、頻度は子どもの様子を見て柔軟に変えましょう

小学生の英会話スクールを選ぶポイント

_画像

小学生向けの英会話スクールは数多くあり、どのような観点でスクールを選べば良いのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

ここからは、小学生の英会話スクールを選ぶ際の具体的なポイントについて解説します。

小学生向けの実績があるか

英会話スクールは多くありますが、スクールによっては「大人向け」「中学・高校・大学受験向け」「ビジネス向け」など、具体的に対象者が決まっていることが多いです。

また、幅広い受講者を受け入れている英会話スクールでも、小学生向けの実績がない場合もあります。

そのため、英会話スクールを選ぶときには、小学生向けのレッスンがあるかを確認しましょう。

小学生向けの実績があれば、子どもを教えることに長けている先生がいたり、小学生に合わせたカリキュラムが組まれているため、子どもを安心して通わせることが可能です。

受講料金は適切であるか

レッスンの受講料金が適切かどうかも考慮したいポイントです。

受講料金が高く、親の負担になれば、子どもを長く通わせ続けることが難しくなってしまいます。

一般的に、受講する人数が少なくなるほど料金が高くなる傾向にあります。

たとえば、グループレッスン(6人以上)は1か月8,000~10,000円前後、少人数レッスン(2~5人)は1か月15,000円前後、そしてマンツーマンレッスンは1か月25,000円前後の受講料がかかるケースが多いです。

また、日本人の先生と比べてネイティブの先生は1,000円〜2,000円ほど高くなります。

子どもが英語を話す機会が十分にあるか、楽しんで学べる内容かなどを、体験レッスンなどを通じて受講料金がレッスン内容に合っているかを確認することが重要です。

自宅から近い距離にあるか

小学生が英会話スクールに通う場合、自宅から近い距離にあるかどうかも重要なポイントです。

平日のレッスンを受講する場合、学校が終わった夕方以降になることもあり、自宅から遠いと子どもも親も心配になるでしょう。

また、自宅から近い英会話スクールであれば、頻繁に通う場合でも、交通費がかからなかったり、親の送り迎えの負担が少なくなったりするメリットがあります。

POINT

小学生に合ったカリキュラムでレッスンを提供しているかを確認しましょう

受講料はレッスン内容や先生の質に合ったものかを確認しましょう

レッスン回数が増えても負担が少ない近所の英会話スクールかを確認しましょう

小学生向けの英会話スクール3選

_画像

最後に、小学生向けの英会話スクールを3つご紹介します。

それぞれ特徴があるので、自分の子どもに合ったものを選びましょう。

ECCジュニア

_画像

ECCジュニアの概要は下記の表の通りです。

対象学年 全学年
レッスン形態 少人数制
講師の国籍 日本人(バイリンガル)
展開地域 全国(オンライン対応)

ECCジュニアは、子ども向け英会話教室の生徒数が全国No.1を誇る、国内最大級の英会話スクールです。

また、カリキュラムの評判もよく、「イードアワード子供英語教室部門」で顧客満足度No.1を受賞しています。

小学生向けのコースは「小学1・2・3年生対象」と「小学4・5・6年生対象」の2つに分かれており、それぞれ「英語・英会話」「英検®対策」があるため、目的に合わせて学習を行うことが可能です。

また、ECCジュニアのオリジナル教材は科学的な根拠を基に作られており、日本の子どもたちが英会話を学びやすいような工夫がされています。

なお、ECCジュニアに在籍する先生はほとんどが日本人です。

不安に思う方もいるかもしれませんが、日本人の先生ならではのメリットもあります。

たとえば、文法の説明をするときなど、必要に応じて日本語で指導できたり、保護者が日本語で相談しやすかったりします。

なお、受講料の目安は下記の表の通りです。

入学金 5,500円
月謝 6,600円
教材費 19,910円
検定料 2,200円

↓↓詳細はこちら↓↓

ベルリッツ・キッズ

_画像

ベルリッツ・キッズの概要は下記の表の通りです。

対象学年 小学生まで
レッスン形態 集団指導・オンライン・マンツーマン
講師の国籍 ネイティブ
展開地域 全国

ベルリッツ・キッズは、プロの外国人講師による、少人数(最大3名)またはマンツーマンレッスンが特徴の英会話スクールです。

子ども向けのマンツーマンレッスンは、数ある英会話スクールのなかでもめずらしく、密度の濃いレッスンを受けられます。

レッスンは会話中心で、子どもが楽しみながら自然に英語を身につけられるように考えられています。

子ども1人あたりの発話量を重視したり、ただ英単語を声に出すのではなく文章で話す練習をしたりと、子どもが「英語を話せるようになる」工夫が施されており、効率の良い英語学習が可能です。

また、在籍する外国人講師は児童発達を理解した英会話指導のプロであり、レッスンは英語のみで行われるため、子どもの英語脳の発達にも役立つでしょう。

なお、受講料の目安は下記の表の通りです。

超少人数レッスン 月額14,300円(税込)
教室・オンライン 自由選択 マンツーマンレッスン(1対1)(週1回) 月額26,950円(税込)
教室・オンライン 自由選択 マンツーマンレッスン(1対1)(週2回) 月額 45,430円(税込)
完全オンライン マンツーマンレッスン(1対1) 5,665円(税込)~

↓↓詳細はこちら↓↓

シェーン英会話

_画像

シェーン子ども英語の概要は下記の表の通りです。

対象学年 中学生まで
レッスン形態 集団指導・マンツーマン指導
講師の国籍 ネイティブ・日本人
展開地域 全国

シェーン英会話は、子ども向けプログラムとして「シェーン子ども英語」を運営しており、子どもの英語学習に特化したカリキュラムで学ぶことが可能です。

首都圏を中心に、全国185(2022年9月時点)のスクールがあります。

小学生向けのレッスンは、英語教授法を身につけたネイティブ講師が担当する「小学1・2年生」「小学3・4年生」「小学5・6年生」のクラスがあります。

また、日本語講師による英検®準備や対策のクラスもあるので、目的に合ったレッスンを選べるでしょう。

レッスン以外にも、子ども向けのハロウィンパーティーやクリスマスパーティー、スピーチコンテストなども行われています。

さらに年に2回、保護者がレッスンを参観できる機会もあるため、レッスンの内容や子どもの様子などを確認しつつ、我が子の成長を見守れるでしょう。

なお、受講料の目安は下記の表の通りです。

少人数レッスン 11,000円
個人レッスン 28,600円
ペアレッスン 17,600円
アフタヌーン個人レッスン 19,800円

↓↓詳細はこちら↓↓
POINT

ECCジュニアは、オリジナル教材と日本人講師によるきめ細かい指導を行っています

ベルリッツ・キッズは、少人数(最大3名)またはマンツーマンレッスンで英語学習が可能です

シェーン英会話は、ネイティブ講師と楽しみながら英語を習得できます

まとめ

_画像

本記事では、小学生が英会話を習うメリットや最適な回数、英会話スクールを選ぶときのポイント、そして3つの小学生向けの英会話スクールについて解説してきました。

今後、グローバル化がさらに進むことを考えると、英会話スキルはどの業界・職種においても非常に重要になっていくでしょう。

「英語ができる」というだけで大きなアドバンテージになるため、親としても安心できるはずです。

子どもが英会話を習うときには、「楽しんで学ぶ」ということがとても重要です。

一度、子どもが通う英会話スクールを決めて終わりではなく、普段どのようなレッスンを受けているのか、どんなことができるようになったのかなど、子どもとコミュニケーションを取ってみましょう。

小学生向けの英会話スクールに興味を持った方は、ぜひ、体験レッスンの受講を検討してみてください。

【初心者でもわかる】この記事のまとめ

「英会話 小学生」に関してよくある質問を集めました。

小学生が英会話を習うメリットは?

メリット子どもが小学生のうちから英会話を習うことで、英語を日本語に変換せず英語のまま理解する「英語脳」を作ることにつながります。また、子どもが苦手意識を持たずに英語に触れられるため、楽しみながらの英会話の習得が可能です。そして、継続して英会話を学ぶことで、将来の留学につながったり、職業選択の幅が大きく広がったりします。

小学生はどの英会話スクールに通うべき?

英会話スクール小学生向けのコースがあり、受講料金がレッスン内容に適しているもの、そして自宅から通いやすい距離にある英会話スクールがおすすめです。特に、今回最後にご紹介した「ECCジュニア」「ベルリッツ・キッズ」「シェーン英会話」の3つは実績もあり、全国規模のスクールのため、お近くの教室を探しやすいでしょう。

この記事を企画・執筆した人
-EnglishSearch編集部-
この記事は、EnglishSearchを運営している株式会社デジタルトレンズのEnglishSearch編集部が企画・執筆した記事です。
EnglishSearchでは、塾・予備校・家庭教師探しをテーマに塾の探し方や勉強方法について情報発信をしています。
EnglishSearch編集部が企画・執筆した他の記事はこちら→